care for PTSD

ptsdを治して快適な生活|コミュニケーションでトラウマ克服

Topic

ptsdとトラウマ

ハートと鍵

ptsdによって発症するのは再体験症状だけでなく、原因となった現象や出来事を避けようとする回避衝動もあります。ptsdを発症するとトラウマの原因になった現象や出来事などを回避するようになり、その結果生活にさまざまな支障をきたすようになります。例えば交通事故によってptsdを発症した人は車やバイクの運転が怖くなったりし、最終的に運転をすることができなくなったりします。また海や川といった場所がptsdの原因となった場合、外で活動するのがとても恐ろしく感じてしまい生活できない場合もあります。そういった事を繰り返していると感情が麻痺してしまったり、一時的な記憶喪失を発症してしまうこともあるので注意する必要があります。こうした症状が現れた際は病院で診察を受けるようにし、ptsdであるかどうか確認して見るようにしましょう。

ptsdになるとちょっとしたことにも危険を感じるようになり、精神が常に研ぎ澄まされた状態が長く続くようになります。危険を回避するために家に引きこもったりするようになることもありますし、人との会話などのコミュニケーションを取らないようになるなど精神的に不安定な状態になってしまいます。こうした状態が長く続くと精神的な負担が多くなってしまい、多大なストレスがかかるようになってしまいます。このようにptsdを発症するとそれぞれ特徴的な症状が現れるようになるので、同じ症状を感じた事がある場合は一度専門の病院などで診察を受けましょう。こうした複数の症状を発生させるptsdですが、今では専門の病院などが複数登場しているので効果的に治療をおこなうことができます。