care for PTSD

ptsdを治して快適な生活|コミュニケーションでトラウマ克服

Topic

薬物療法の効果

カウセリング

ptsdを緩和させるために施される薬物療法はptsdを治療する為ではなく、ptsdによって生じるさまざまな症状を緩和させるために施されています。ptsdは発症すると精神的ダメージや心理的なダメージの他に、身体にもさまざまな症状を与えてしまいます。人によって症状は様々ですが不眠や気分の落ち込み、苦痛や不快感といった症状が現れることが多いです。こうした症状を軽減するために薬物療法は良く利用されています。不眠症のような状態が続いてなかなか眠れない人に対して睡眠薬を提供したり、気分の落ち込みといった精神の症状改善には抗うつ剤などを提供するのが一般的です。このようにそれぞれの症状に合わせて的確な薬を提供することで症状を少しでも緩和し、心理療法を続けることで快適な生活をおくれるようにするのが薬物療法の重要な役目です。

ptsdの治療は薬物療法と心理療法をおこなうことできちんと完治させることができ、発症する前の日常生活をおくれるようになるまで症状を軽減させることができます。しかし人によって症状の改善には個人差があり、人によっては効果が改善されるまで長い期間が必要になる場合があります。主に治療が長引く人にはそれぞれ特徴があり、それらの特徴を持っている方の場合ptsdが慢性化する可能性が高いと言われています。家族や友人などが少なくサポートしてくれる方が身近にいない人や、発症するまでの期間が長かった人などはptsdが慢性化する可能性があるので注意しましょう。またストレスが多くかかる生活環境で生活している人やアルコールなどをよく飲んでいる人も慢性化する可能性が高いので要注意です。生活環境や日頃の生活などを改善し、ptsdが慢性化してしまうことがないようにするのが重要です。