care for PTSD

ptsdを治して快適な生活|コミュニケーションでトラウマ克服

Topic

ptsdの目立った症状

支えあう

ptsdによって精神的に強いストレスを抱えてしまう人は増えてきており、ptsdの治療を受診する人の数も少しずつ増加してきています。ptsdとは心的外傷後ストレス障害の事を意味しており、強い精神的ストレスや強烈なショックを受けることで原因となった事に対して大きな恐怖を感じてしまう様になることです。地震や火事といった自然災害によって発症する場合もあれば暴力や犯罪によって発症する人も存在しています。主な症状は昔経験した恐怖体験を再体験する、不安や緊張などが長い間続くなどでありその他にもさまざまな症状が存在しています。ptsdはストレスの原因となるものを経験して数年後に突然発症するケースもあり、人によって発症するまでの期間はそれぞれ違ってきます。それぞれの人によって原因となる事情も違うので、治療する際は何が原因で発症したのかを詳しく検査するようにしましょう。

ptsdを発症した人がよく経験するのが恐怖を感じたできごとや怖い経験などを再体験する症状であり、この症状が原因でうつ病などの病気を誘発する場合がとても多いです。症状を発症すると思い出すのが辛い出来事などの記憶や経験などが突然呼び起こされ、再度同じ経験をしたような感覚を感じてしまいます。経験をした際に負ったトラウマなどを思い出すことによって精神がパニック状態になったり、感情が不安定になったりするので発症すると日常生活や仕事に大きな影響を与えてしまいます。また数年経った後に突然発症する場合があるので、一度治療したと思ってもまだ治っていない場合もあります。治療をする際は専門の医師などと相談をおこない、効果的に治療できるようによく話し合いをしましょう。